芸人アキナ不祥事の内容は?とれへんネタを動画で!山名の彼女は?

スペシャル番組を笑いで心も体も暖めてくれるお笑いコンビがいるとしたら誰になるでしょうか。

 

それでしたら芸人のアキナがおすすめ!

 

2014年の漫才の至高決戦「THE MANZAI 2014」の決勝大会に出場したことで一気にその名を世間に知らしめてファンが大勢います。

 

話題のとれへん動画と山名さんの彼女についてと結成に関わる不祥事についてもまとめました。

 

sponsored link

不祥事を期に起死回生

 

正直二人が「THE MANZAI」の決勝大会に出場しなかったら誰だか分からなかった人も多かったはず。

 

秋山 賢太あきやま けんた)さんと山名 文和(やま ふみかず)さんの二人からなる”アキナ”のコンビ名は二人の名前からちなんだもの。

 

二人とも大阪のNSC(New Star Creationの略称、正式名称は吉本総合芸能学院)出身で秋山さんが一年先輩の卒業生。

 

ちなみに立ち位置右が秋山さん、左が山名さん。

 

画像はこちらからどうぞ!

 

二人共お笑い街道としては苦労が多く世間に広く知れ渡り、多くのファンを手に入れるまでに長い年月がかかりました。

 

秋山さんがNSCを2003年に卒業して1年以上してから2004年6月に結成されたのが「金時」。

 

この名前を知っている人がいるとしたらかなりの通ですね。

 

なかなかヒットせず4年弱の2008年4月で解散。

 

山名さんはNSCにいる間に河井ゆずるさんと「河井山名」として2003年4月にデビュー。

 

知っている方はある意味お笑いセンスがあるのかもしれません。

 

それでも2008年にコンビを解消。

 

二人共はじめのコンビで鳴かず飛ばずで解散。

 

NSCで学んだことはなんだったのか、ただおもしろくても売れない理由はなんなのか。

 

おそらくお笑いの奥深さを一番感じていた時ではないでしょうか。

 

そして、二人が運命的な結成をしたのが「ソーセージ」。

 

この芸名は藤本聖さんを入れたトリオでの活動で2008年6月に結成。

 

ちょうど秋山さんも山名さんもそれぞれのコンビを解散した年でもあったわけです。

 

ネタを見たい方はこちらからどうぞ!

 

 

その4年後の2012年7月この3人に激震が走ります。

 

メンバーの一人、藤本 聖(ふじもと たかし)さん自身の誕生日を10日後に控えた日に元交際相手を暴行した容疑で逮捕されてしまう事件が起こり無期限の謹慎処分に。

 

幸い相手女性と示談が成立し不起訴となりましたが、実質お笑いの活動が停止。

 

3人で話し合って藤本さんが脱退、残された秋山さんと山名さんがコンビとなり、起死回生の名を打って再生を果たしたわけです。

 

一度違うコンビ同士での挫折を経験し、トリオでの不祥事沙汰でほかのお笑い芸人が経験しないような試練を乗り越えた二人がここに来て開花しているわけですね。

 

 

 

sponsored link

 

 

 

山名さんの彼女ついて

 

先ほどの立ち位置左の滋賀県出身、名古屋外国語大学を中退して自分のやりたいことを探してお笑いに目覚めた山名さん。

 

ちなみに卒業した彦根東高校高校は偏差値な、な、な、なんと67滋賀県の県立高校でもTOP5に入るほどの超名門校。

 

中学でもバスケットや少林寺拳法を学んだりと友達の影響と、親御さんへ期待にしっかり答える形で優等生に。

 

THE BLUE HEARTS好きということもあってその歌詞には社会のレールに縛られず自由で生きていきたい、偏差値以外の評価で自分を認めてもらいたいというメッセージが強いですね。

 

そうした本当の自分への評価が確立されていない自信のなさと勉強ができているうぬぼれが交差する時を生きてきました。

 

そんな山名さんも彼女とラブラブの時代もあって秋山さんがたじたじになる場面もあったそう。

 

確かにあのしょうゆ顔は自分をアピールする前に、まず相手の意見をしっかり組んで相手のペースを大事にしそうですよね。

 

山名さんの彼女が山名さんの家に遊びに来た時というのがちょうどそれまで秋山さんとネタ合わせをしてる最中だったとき。

 

秋山さんも彼女さんが来るとは分かっていたとはいえ、いざ来てみたら玄関から部屋に入るまでずっと腕にしがみついてだっこちゃん状態だったとのこと。

 

そこまで見せられると秋山さんも居ても立ってもいられません。

 

お笑いの空気を読む以上にその場を猛ダッシュで去っていったようですね。(笑)

 

意外とこうした2枚目3枚目の男性の方がモテたりするもんです。

 

”とれへん”の動画

 

この繰り返しネタ、ツボにはまると止まらなくなりますよね。

こちらからどうぞ!(2分40秒くらいから始まります)

編集後記

 

アキナのお二人、「THE MANZAI」の決勝進出でいつも優勝対抗馬として有力株。

 

それくらいの笑いの神様が降臨しそうなポテンシャル、ツボを持ち合わせています。

 

動画であったような他に代わる繰り返しネタが来ると一気にファンを鷲掴みにしそうです。

 

そうした自分の笑いのツボに合ったお笑いメンバーを探し出すつもりで今後のお笑い番組を見てみるとおもしろいかもしれませんね。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ