バンビーノお笑い芸人での実力!動画は?キングオブコントの順位は?

仕事や人間関係のもやもやな気持ちを吹き飛ばすに持ってこいなのがお笑い番組。

その中でもキングオブコントのファイナリストにもなった『バンビーノ』に注目が集まっています。

バンビーノのお笑いの実力を動画でも検証しキングオブコントの順位への考察についてもまとめました。

 

 

 

 

sponsored link

ネタのクオリティの高さ

二人はNSC30期生で吉本興業出身の芸人。

NSC大阪30期生は2007年入学、2008年活動開始の芸人たち。

バンビーノの他に同期の芸人

プリマ旦那
アイロンヘッド
ツートライブ
コーンスターチ
カバと爆ノ介
ダブルアート
十手リンジン
尼神インター
東京ロマンポルノ
ツートライブ
ボンボンヤサゴナボン
ナカノアンドデンジャラース
キタク
ズンズンポイポイ
中張又張
プリンストン
ジミーハット
カーニバル
インディアンス
鱒之介

などなどがいますね。

さて、あなたはこの中で知っている芸人さんはいますか?

バンビーノはいままさに脂の乗った若手二人によるコンビ。

立ち位置右、ツッコミ担当なのが石山 大輔(いしやま だいすけ)さん。

立ち位置左、ボケ担当が藤田 裕樹(ふじた ゆうき)さん。

ふたりの雰囲気はこちらからどうぞ!

アラサーの二人で石山さんが1984年12月10日生まれ、藤田さんが1985年7月30日でともに学年違いですが年齢は33歳と32歳です。

NSCに入ったのがお互い22歳の時だったんですね。

しかも石山さんは既婚で2014年9月にお子さんが産まれたばかり。

と基本的な情報が並びますが、2014年当時はWikiにほとんど情報が出ていないほどこれから可能性を感じる二人です。

バンビーノの印象的なネタが「歌ネタ王決定戦2013」の持ちネタ、

 

 

 

sponsored link

 

 

 

 

『ピすっきり!』。

ピッタリとすっきりを表現した、リズムに乗った石山さんに対してあと追っかけで合わせてくる藤田さんとの息のあったダンスが見ごたえあり。

進めば進むほどネタの完成度と難易度を感じずにはいられません。

後で動画でもご紹介しますね。

 

過去にヒットを飛ばしたダンス芸人

ピン芸人で近いネタをしていた芸人さんがいましたね。

『サイクロンZ』って知ってますか?

音楽の歌詞に沿って振りを付けていく

「歌ハメダンス」

のクオリティにバンビーノのネタがとても似ています。

このネタもおもしろくて完成度が高いんですが、サイクロンZさんはリズム合わせは基本一人。

バンビーノは二人で終始息を合わせたリズム。

順序や振りを間違えたらネタは台無しです。

見ていてちょっとハラハラするんですが、終わってみると「すげー」で終わります。

 

バンビーノの動画

では早速見てみましょう!

終わってみると「こいつらすげ~」って思いますから。

こちらからどうぞ!

キングオブコントの順位について(編集後記)

芸人が芸人を審査する実力伯仲のコント。

対戦相手は前回に引き続き決勝進出の強者「さらば青春の光」。

決勝5組に選ばれたら優勝の可能性は一気にトップに躍り出たんですが惜しくもシソンヌが2014年の大会は優勝でした。

ちまたの噂ではバンビーノの方が面白かったとの意見が続々!

全対戦がすべて好カードばかりだったので今回は最終決戦までまったく目が離せない状況が続きました。

お笑いブームの礎を決める大事な決戦だっただけに、バンビーノの今後の特番での出演が楽しみですね。

 

おすすめの関連記事

 

⇒芸人アキナ不祥事の内容は?とれへんネタを動画で!山名の彼女は?

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ