関東千葉の厳選温泉旅館は?学生にもお勧め!安い人気高級宿紹介!

夏といえば海水浴のシーズンですよね。

 

でもどうせなら海水浴のあとは温泉にも浸かっておいしい食事をとってゆっくりと過ごしたい・・

 

そんなあなたに今回は、夏にこだわらず一年を通してもお勧めできる、私が実際に泊まった千葉・房総でオススメの、安いのに高級な温泉旅館をご紹介していこうと思います。

sponsored link

南房総千倉温泉 千倉館

 

まずは千葉県最古の温泉・千倉温泉を擁する千倉館をご紹介します。

 

海岸まで徒歩1、2分という非常に好立地な千倉館は、その名の通り南房総市の漁師町・千倉町にある人気の温泉旅館です。

 

建物自体は古くからあるものですが、近年リニューアルしたばかりなので、外装・内装ともに非常にきれいで清潔感があります。

 

客室はスタンダードな和室から檜の内風呂が付いた離れ客室、さらに海が見える専用露天風呂付き客室までバリエーションがあります。

 

お風呂は、それぞれの客室のものだけでなく、大浴場・「出陣風呂・羽衣の湯」が用意されています。

 

源泉は千葉県最古と語り伝えられる千倉温泉で、泉質は含硫黄ナトリウム塩化物泉で神経痛、リュウマチ、肩こり、婦人病等に効能があります。

 

食事の方は、漁師町ならではの地元の新鮮な魚を使ったお刺身や炭火焼などが楽しめます。

 

またうれしいことにお米は提携農家から仕入れており、こだわりが感じられますね。

 

価格帯は5500円から3万円前後まで幅広く、さまざまなプランが用意されていますよ。

 

低価格帯ながら、伊勢海老やあわびなど、高級食材を楽しむことができるのも非常に魅力!!!

 

口コミを見てみてもリピーターとなったという方も多くみられますね。

 

オススメのプランは、囲炉裏を囲みながらゆっくりと海の幸を楽しむことができる炭火焼プラン♪

 

2食付きで料金はな、な、な、なんと11,600円からとお安く、人数限定で非常に人気が高いプランですので、早めに予約しましょう。

 

このようなコストパフォーマンスの良さもさることながら、接客の質の高さなどサービス面でも非常に好評で、その人気の要因となっています。

 

アメニティも浴衣・バスタオル・タオル・歯ブラシ・レディースセット・カミソリ・ドライヤーと充実していますが、これらは不要でより安く泊まりたいという方にはアメニティなしのエコプランが用意されているのも特徴的ですね。

 

ただ1点、気になる点を挙げるとすれば、4階建ての建物であるにもかかわらず、エレベーターが設置されていないということです。

 

ご高齢の方や足の不自由な方、身重の方など、階段の上り下りが気になる方は、できる範囲で部屋割りの調整をしてもらえるようなので、検討される方はこの点だけは注意してください。

 

場所:千葉県南房総市千倉町南朝夷1045

アクセス:車の場合、富浦インターより30分

公共交通機関を使う場合、JR内房線千倉駅からタクシーで3分(15時以降送迎あり・要予約)

公式サイト:http://www.chikurakan.net/

 

「浜辺の湯 浪漫の歌」宿 中屋

 

城崎温泉源泉かけ流しの天然温泉で癒しの時を提供する安房小湊の宿中屋をご紹介します。

 

こちらも城崎海岸まで徒歩1分という好立地で、海水浴に来る方にはピッタリな温泉旅館です。

 

車で約10分のところにはイルカやシャチのショーが見られることで有名な鴨川シーワールドがあるので、家族旅行にもオススメですね。

 

客室はいずれもオーシャンビューで、落ち着いた雰囲気の一般客室から、露天風呂付きの客室「夕映えのうみ」、同じく露天風呂付きで、広々とした角部屋の「浜辺の町」「潮騒の花」まで様々なタイプの客室が用意されています。

 

さらに最上階には特別フロア「星空の歌」が近年登場し、こちらだけの特別なサービスを受けることができます。

 

広々とした大浴場「城崎の湯」「華海の湯」も用意されており、いずれも城崎の海を一望できますよ。

 

泉質はナトリウム塩化物、硫酸鉛、炭酸水素塩、冷鉱泉(低張性・アルカリ性)で、神経痛、筋肉ついう、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、慢性消化器病、冷え性、慢性皮膚病、慢性婦人病などに効能があります。

 

食事も非常に豪華で、新鮮な南房総の海の幸・山の幸を思う存分堪能することができます。

 

特に、地元の沖合でとれた伊勢海老や鯛などのお刺身や、サザエ、アワビの踊り焼きは絶品!!!

 

千葉の地酒とともに楽しむことができます。

 

また、こちらの旅館では、ロビーで毎日行われるジャズやピアノの生演奏やホタル鑑賞といったイベントも楽しめるのも魅力ですよ。

 

清掃も行き届いており、接客も丁寧で、また細かいことですが部屋に備え付けられた冷蔵庫の飲み物やコーヒーマシンはフリーで利用できるというのも珍しく、地味に便利ですね。

 

ここに泊まれば、あらゆる点で良質な時間を過ごすことができることは間違いないといえるでしょう。

 

場所:千葉県鴨川市天津3287

アクセス:車の場合、館山自動車道君津インターより50分。

公共交通機関を使う場合、JR外房線安房小湊駅で下車し、バスで8分(送迎あり・要予約)

公式サイト:http://www.nakayahotel.com/

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。今回ご紹介したいずれの旅館も、快適な客室や接客、料理の点で非常に優れており、なおかつリーズナブルなのでリピーターが多く、宿泊先として選択しても絶対に後悔することはありませんよ。

 

ぜひ、この機会に千葉・房総へ温泉旅行に行ってみてはいかがでしょうか。

 

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ