深澤真紀とくダネ人気コメンテーター!かつらの理由と病気の関係は?

テレビのトークで説得力のある解説者といえば人それぞれあるかと思いますが、まさにこの世の中を象徴する鋭い言葉を生み出した方といえばこの方、

 

深澤真紀さん。

 

その名も『草食系男子、肉食女子』

 

時代を象徴する言葉の裏で、この言葉を生み出す背景にご本人の体の事情も大きく関わっていそうです。

 

というわけで今回は、そんな深澤真紀さんのとくダネでの鋭いコメントの考察とかつらにする理由、病気との関係についても追ってみました。

 

sponsored link

とくダネのコメントが人気

 

深澤真紀さん、学歴の早稲田大学第二文学部社会専修を卒業された影響も大きいと思いますが、とくダネでの時代を俯瞰(ふかん)したコメントが大好きです。

 

自分の意見を強く主張する女性は女性の権利を主張する傾向もありますが、男、女をわかりやすく嫌味なく特徴をつかんだ言葉の数々に共感する人が多いからでしょうね。

 

草食系男子なんて言葉はその典型。

 

別に、なよなよした男性、積極性がない(ガツガツしていない)ような言葉だけで連想される意味ではなく、人との繋がり、特に異性に対しての今時の旬な解釈に話題が集まっているからですね。

 

ちょっとした変化としては、性の対象になりがちな異性への解釈が、恋愛・結婚していないにもかかわらずそれ以上の人間関係がその友達にあるような人間関係というか、

 

『夫婦や恋愛相手に直接相談できない何でも相談できる親友の存在』

 

「友達」である異性に求める傾向があり、

 

それをスマートにこなしてしまうのがいまの『草食系男子』というわけですね。

 

そういう男性がモテないのではなく、お互いの暗黙の『恋愛禁止令』を敷いているだけなような気がしますね。

 

というわけでそんな、表面的な解釈だけをすると一見残酷というか、嫌味のような深澤さんのコメントも実は深層にはそうした承認の思い・言葉が隠されているのがとても魅力的です。

 

なぜそんな鋭い上に思いやりに近いコメントができるのか、それは深澤さん自身に及ぶ体の事情も大きく影響しているかもしれません。

 

 

sponsored link

 

 

かつらの理由と病気との関係

 

深澤さんは生まれつきの病とずっと付き合っていることを明かしています。

 

それがアトピー性皮膚炎とアレルギー。

 

いまや国民病とも言えるアレルギーも生まれてから40年以上の付き合いというと、悩みを通り越してもはやパートナー。

 

どう治すかではなくどうしてそうなったか、どう付き合っていくかに解釈をシフトするほかありません。

 

そこで始めたのが自然派生活。

 

深澤さんに体に悪影響を及ぼす添加物や化学成分を聞いたら2時間の公演に及ぶかもしれませんね。

 

頭をかつらにしているのも病気のアレルギーが原因。

 

円形脱毛症ならぬ三角脱毛症が見つかったこともあるそう。

 

最初はストレスかと思ったら調べていくうちにアレルギーということが判明しました。

 

季節で抜け毛と発毛が繰り返され、まるで猫の換毛期であるかのようだと。(笑)

 

ちなみに、育毛サロンについては以下のサイトで特集していますので、もしご興味があれば参考にしてくださいね。

 

⇒バイオテック無料体験を大宮サロンで実体験!口コミと勧誘は?

 

思い切ってあこがれの坊主にして番組出演時にはかつらで出演しています。

 

こちらの画像でも

 

あ、いつもの深澤さん!

 

って感じですよね。

 

ここまで来ると思考法にも関係を及ぼしそうです。

 

自分の病気を生まれつきの運・不運ではなくそれを受け入れる解釈のコツ、つまりは人生のコツに応用。

 

帽子やかつらをかぶっていればいいということで女性のおしゃれである髪型に気を使わなくていい代わりに、するどい世間の目線が備わったのですね。

 

それが「頑張りすぎない生き方」。

 

いまや人付き合いでも仕事でも、便利をスマートフォンで手に入れる代わりに、自分の時間をどんどん見失っている生活になっていますよね。

 

スマホを持っている時点で、ほかの方と何かしら繋がっていてある意味何が起こるかわからない強迫観念に陥ることもあるからです。

 

『「そこそこ ほどほど」の生き方』
『考えすぎない生き方』
『働くオンナの処世術――輝かない がんばらない 話を聞かない』

 

このような深澤さんの持論は自分が闘病している病と常に付き合わなければいけない状態をいまのコミュニケーションとつなぎ合わせている絶妙な解釈な気がします。

 

つまり、仕事とプライベートのオンオフ、自分自身のスイッチのオンオフをしっかり持ちましょうといった考え方です。

 

ストレスマネージメントに欠かせない思考法ですね。

 

深澤真紀さんの動画

 

草食系男子の存在は決して悪いイメージではなさそうです。

こちらからどうぞ!

編集後記

 

確かにいまの働く世代はこの草食男子に学ぶべく、真面目に取り組むと逆にダメージが自分自身にボディーブローのように響く厳しい環境にさらされています。

 

自分の力を仕事で使い果たさないように深澤さんは、

 

「自分をすりへらさずに長持ちさせる」

 

という独特な解釈でスタミナ配分を強調しています。

 

また、ただ頑張る、ただ努力するのではなく、

 

「大事なときだけがんばればいい」

 

というメリハリを訴えています。

 

これは、自分の行動を目的に向かって普段から研ぎ澄ましておいて、ここぞという時に

 

『具体的に素早く行動する』

 

ということを意味しているのでしょうね。

 

そんな現代の心休まらない焦り、不安感から少しでも安らぐための大事なツボとコツを深澤さんから学んだような気がします。

 

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ