黒沢かずこ昔の痩せてた画像検証!性格は脳の病気が影響?

森三中の黒沢かずこさんといえば興奮しすぎなギャグ路線で人気を博しているかと思えば、痩せればきれいなんじゃないかと女性目線の意見も目立ちます。

いろいろなポテンシャルを持っていながら実は性格は脳の病気が影響しているとのうわさも。

その辺を独自に検証してみました。

 

 

 

 

sponsored link

昔の痩せてた画像が人気!

黒沢さん、実は痩せるとけっこうベースはきれい系なんじゃないか?とのうわさもありますがそのとおりかもしれません。

実際のいまの画像がこれ

ふむふむ。確かに今を感じさせる画像です。

 

そして痩せてる当時の画像がこれ

当時24歳の頃ですとどこぞのコーヒショップの店員さんのような風貌です。

やはり若さゆえでしょうか、いまはテンションが上がっているような感じを受けますが、当時は沸々とくるモチベーションみたいなものを感じますね。

実際の画像を見てもやはり目鼻立ちからして痩せればかわいいというのは本当のようです。

 

黒沢さんの性格と脳の病気の関係

黒沢さん、2014年11月10日の「私の何がイケないの?」の放送で脳の病気が判明しました。

病名は「くも膜のう胞」

脳というのはガード役としてくも膜に包まれているのですが、くも膜と脳の間に脊髄液がたまってしまうのがこの病名の正体です。

生まれ持った病気としてのものがほとんどなので予防のしようがないのですが、この脊髄液の量が増えてきてこの「のう胞」が大きくなてくると頭痛・めまい・痙攣・視力障害などが自覚症状として出てきます。

黒沢さんはまだその髄液の量は少しですが、少なからずこの髄液の影響で脳の運動神経が鈍り平衡感覚を悪くしている可能性があるという診断を受けました。

黒沢さんの性格というか日常スタイルは基本的に物事を細かく考えるのが苦手。

テレビでもその私生活があらわになったことはありましたが、基本的にベットから動かずスナックを食べながらテレビをただ見ているような生活。

コンビニなどで食事を済ませ、脱力感を感じずにはいられません。

とある番組内でも「片付けができない女性」としてコーナーを盛り上げていました。

この「くも膜のう胞」による平衡感覚の欠如は、普段の生活に知らず知らずのうちに体にストレスを与え続けているようなもの。

例えて言うなら、動いている時間分だけ通勤電車でつり革に掴まって揺られているようなあの体の平衡を常に保っているように頭に意識を向けている状態。

これでは普通の人でしたらくたびれてしまいます。

黒沢さんのメディアに出ている時の体の状態というのはさらに負荷がかかります。

 

 

 

 

sponsored link

 

 

 

 

これって家に帰って片付けられないのではなく、片付けようにも肉体・精神負担が普通の人よりも多いだけなのではないでしょうか。

先ほどの若い20代半ばならばまだしも黒沢さんもいまや1978年10月17日生まれの39歳。

若いままの勢いに息切れを感じる年齢です。

そんな風に黒沢さんを見てみると、ただだらしない女性とばかりに思っていた方も少し見方が変わるかもしれませんね。

 

黒沢かずこさんの動画

CMにドッキリが盛り込まれたのは初めてではないでしょうか。(笑)

こちらからどうぞ!

編集後記

黒沢さんは今回の番組内で分かった「くも膜のう胞」の診断について

「今回分かってよかったです」

と笑顔で答えていました。

お医者さんは黒沢さんのこの「のう胞」がこれ以上大きくなることはないですが定期的な脳ドックを受信するようにアドバイス。

これ、もしかしたら黒沢さんにとっていい契機になるかもしれません。

昔から

「無病息災」

とはよくいったものです。

本当でしょうか。

もしかしたら黒沢さんのように自分の体に異常を認めることで、初めて自分をいたわるようになる、

「一病息災」

となっていくのではないでしょうか。

それが自己承認にも繋がり、ひいては大事な人との出会い、そして電撃結婚なんてこともあり得るかもしれません。

黒沢さんの今後の活躍が楽しみですね。

 

おすすめの関連記事

 

⇒芸人アキナ不祥事の内容は?とれへんネタを動画で!山名の彼女は?

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ