大人のおでこニキビ対策4傑!生活習慣サポートが大事!

前回までで、これでおでこニキビの原因を可能な限り取り除くことができました。

 

前回記事はこちら!

 

だけど、原因を取り除くだけではなく、同時におでこニキビの様々な対策を実行することで、更に良くなります。

 

おでこニキビだけではなく、全てのニキビに最も重要なのは、原因の特定と排除。

 

ですので、おでこニキビに実際に行う対策は、あえてサポート編として、紹介させていただきます。

sponsored link

化粧水と乳液でたっぷり保湿

 

ニキビ発生のメカニズムは、皮脂が毛穴に詰まること。

 

それを防ぐためには、肌を保湿することが最も大切です。

 

特におでこは皮脂の分泌が活発。

 

化粧水と乳液で充分に保湿することによって、皮脂の過剰分泌を防ぎ、肌のバリア機能を高めます。

 

基礎化粧品はノンコメドジェニックテスト済がオススメ

 

おでこニキビの予防に最も大切な保湿。

 

それを行う化粧水などの基礎化粧品は、ノンコメドジェニックテスト済がオススメです。

 

ノンコメドジェニックテストとは、比較的皮脂線の多い人の背中でテストを行い、結果、ニキビの原因になりやすいコメドができるかどうかを確認するもの。

 

ノンコメドジェニックテスト済のものは、もちろん個人差がありますが、他の物に比べてコメドができにくいことを証明する商品です。

 

次いで、アレルギーテスト済や、オイルフリーなどのものを選ぶと、更に安心して使用できます。

 

 

 

sponsored link

 

 

 

皮脂の分泌を抑える食べ物の摂取

 

おでこは特に皮脂の分泌が過剰になりやすい場所。

 

この皮脂ですが、食事である程度コントロールすることが可能です。

 

その栄養物質とは、ビタミンB2

 

ビタミンB2が多く含まれる馴染みの深い食材は、レバー類、納豆を筆頭に大豆関連、卵、海苔、ひじき、カマンベールチーズ、イワシなど。

 

ビタミンと聞くと、野菜を思い浮かべますが、ビタミンB2は意外にも野菜以外の食材に多く含まれています。

 

食事で充分なビタミンB2の摂取が難しい場合は、サプリメントもオススメです。

 

皮脂の分泌を過剰にする食べ物を控える

 

当然、皮脂の分泌を過剰にする食べ物を控えることも大切です。

 

どういったものかというと、やっぱり油、その中でも動物性の油が多く含まれているものです。

 

動物性の油は皮脂の分泌を過剰にするだけではなく、皮脂の分泌を抑える役割をするビタミンB2を分解の為に使ってしまいます。

 

また、糖類やアルコール類も、中性脂肪になりやすく、なるべく避けたい食品です。

 

 

後は、言うまでもありませんが、可能な限り睡眠をしっかりとって、肌の回復機能を高めること、適度にストレス発散してリフレッシュすることなどが、気を付ける点。

 

まとめ

 

全部を行うのは大変なことかもしれません。

 

だけど、それでも実行することで、無理だと悩んでいたおでこニキビと決別できます。

 

本気を出して、頑張っていきましょう!

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ