リカバリーウェアおすすめ最安値品は?効果の根拠も比較!

あなたは「リカバリーウェア」って知っていますか。

 

代表的なものでは、2009年に日本のベンチャー企業ベネクスが初めて開発したものが25万着以上売り上げていますね。

 

その後も類似品が他社からも多数発売されており、人気となっています。

 

今回はリカバリーウェアの効果はどのようなものなのかその根拠を解明しつつ、ベネクス社以外の「リカバリーウェア」とのおすすめの比較もしながら最安値を検証し、人気の秘密に迫っていこうと思います。

sponsored link

「リカバリーウェア」の効果とは?

 

まず、一般的に「リカバリーウェア」にはどんな効果があるのでしょうか。

 

「リカバリー」というだけあって、簡単に言えば、身に付けるだけで疲労回復の効果があると言われています。

 

就寝時に着用することで、よりぐっすりと眠れるだけでなく、より体に溜まった疲れをとることができるという優れものです。

 

そもそも上質な休養をとるためには、心身ともに緊張状態から解け、ゆったりと落ち着ける環境になければなりません。

 

緊張状態をほぐすというのは、より詳しく言えば、自律神経を交感神経優位の興奮状態から副交感神経優位の状態へと持っていくということで、そうするためには、ゆるやかでやさしい刺激が有効と言われています(マッサージ、入浴、アロマテラピーなど)。

 

そのような点で、リカバリーウェアは着るだけで適度な刺激を体に与え、自律神経を整えることができるのです。

 

リカバリーウェアの効果の根拠と口コミ、最安値まとめ

 

元祖・ベネクス社のリカバリーウェア

 

では、「リカバリーウェア」の生みの親であるベネクス社製のリカバリーウェアはどのような特徴と根拠があるのでしょうか。

 

ベネクス社製のリカバリーウェアには、同社が開発した素材であるPHT(Platinum Hermonized Technology)が使用されています。

 

これは、ナノレベルのサイズまで粉体化したプラチナおよび数十種類の鉱物を一定割合で配合した特殊素材で、副交感神経を刺激する微弱な電磁波を発します。

 

この素材がリカバリーウェアの繊維に練りこまれているのが最大の特徴になります。

 

「電磁波」と聞くとなんとなく胡散臭い感じもするかもしれませんが、ベネクス社では研究機関(東海大学)と提携して実証実験を行っており、このような効果がユーザーの思い込みではないことがわかります。

 

また、ベネクス社のリカバリーウェアは、後述のコンプレッションウェアとは異なり、締め付けが弱い適度なフィット感で、その手のウェアに馴染みのない方でも着用しやすくなっています。

 

口コミによると、

 

『マラソンのレースなどで疲労が激しいとき、身体が火照って寝付けないことが多くありました。半信半疑でvenexのロングパンツを購入し着用したところ、身体の火照りをあまり感じずぐっすり!』(50代男性)

 

『寝つきが良くなり、運動後の疲れもとれるように感じます。』(40代男性)

 

など、不眠症に悩んでいる方もぐっすり眠ることができたというコメントが多数寄せられており、その効果の高さが伺えます。

 

価格は上下セットで23000〜38000円(税別)で、運動後のリラックスタイムに最適なリチャージモデル、自宅でのリラックスタイムや就寝時に最適なリラックスモデル、日常のちょっとした外出にも着て行けるリフレッシュモデルの3タイプが用意されています。

 

そのほかにも、アクセサリーなど多数のPHTを使用した商品がありますので、自分の用途に合った商品を探してみてください。

 

 

アンダーアーマー社のUAリチャージエナジー

 

次に、着るだけで筋肉の機能をサポートし、主にスポーツでのパフォーマンスを向上させるコンプレッションウェアなどスポーツウェアメーカーとして有名なアンダーアーマー社のリカバリーウェア、「UAリチャージエナジー」と比較してみましょう。

 

こちらの商品は、基本的にはコンプレッションウェアですので、前述のベネクス社のものと比べると締め付けが強いタイプになっています。

 

速乾性で、汗を素早く吸収して発散し、それとともに体の熱を外へ発散するので、体温を一定に保つ機能を持つのが特徴ですね。

 

基本的には運動後に着用することが予定されていますが、

 

『上下で買ってみました。締め付けが強いけど、ぐっすり寝れるし、脱いだ時のスッキリ感が良いですね。疲れが取れます。』(40代男性)

 

など、就寝時に着ることで疲労回復が早まったとの口コミも見られます。

 

したがって、厳密な意味でベネクス社のリカバリーウェアと比較対象となるのはリチャージモデルといえるでしょう。

 

価格は上下ともに各10,000円(税別)で、ベネクス社のリカバリーウェアと比べると安いですね。

 

リカバリーウエアの最安値商品とも言えます。

 

これらのことを踏まえると、日頃から運動を行っていて、普段からアンダーアーマー社のコンプレッションウェアを愛用しているという方にはこちらがおすすめです。

 

しかしすでにアンダーアーマーを使っていて不満があるという方はベネクス社のリチャージモデルを試してみる価値はありそうですね。

 

これに対し、あまり運動をしないが、仕事の疲れが取れる部屋着が欲しいという方は、PHTを使用したベネクス社のリラックスモデルやリフレッシュモデルがおすすめですね。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。「リカバリーウェア」の存在を知らなかった方も、コンプレッションウェアとの違いや、その機能性が理解できたと思います。

 

最近では自律神経に関する書籍が多数出版されていますが、こうした方面でも盛り上がっていますね。

 

少々高価なものですが、仕事で忙しすぎて自律神経を乱しがちな方や不眠で悩まれている方はこの機会にリカバリーウェアを着てしっかり休養することをオススメします。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ