右脳トレーニングの効果は?左手で字を書くコツと脳への影響まとめ!

利きの人が普段使わない「左手」で字を書くと脳に良い効果があるとは聞きますが・・・

 

どんな効果があるのでしょうか?

 

左手で字を書くコツを動画でご紹介し、脳への影響、右脳トレーニングの方法やその効果をまとめました。

 

sponsored link

何故左手で字を書く必要があるのか

 

脳と手を繋ぐ神経は、右脳と左脳、右手と左手が入れ替わって接続していると言われているのはけっこう有名な話ですよね。

 

ということは右利きの人は左脳、左利きの人は右脳へ多くの負荷をかけているという事です。

 

これだと片方の脳ばかりが活動し、どちらか一方の脳が多く疲労してしまいますね。

 

そうすると、しまいには頭皮の血流にも影響し、以下のようなサロンで効果的に対処する必要も出てきます。

 

⇒バイオテック無料体験を大宮サロンで実体験!口コミと勧誘は?

 

利き手と反対の手で字を書くことで負荷の状態をバランス良くし、活性化を促す目的があります。

 

左手で字を書くとどんないいことが?

 

右脳は「知性」「感覚」機能を司り、左脳は「思考」「論理」機能を司るといいます。

 

この利き手と反対の手で字を書くようにすることでその司る能力UPと「手と脳」「左脳と右脳」の各所の連携が強化されます。

 

実際の左手で字を書くトレーニングのやり方

 

●最初は簡単な物から

 

最初から文字を書くのは面倒だと考える人は、〇や□、まっすぐな直線を描く練習から始めると良いですね。

 

●最初は脳に喜びを与える感じで

 

難しい作業や動作をクリアすると脳に喜びが発生し、それを糧に活性化が進みます。

 

いきなり難しい作業をたくさんやるよりも、最初はすぐにクリア出来る作業や目標を設定しましょう。

 

●文字の書き方は「右利き用」だと理解する

 

元々、文字の描き順や書き方は「右利き」の人が書くことを考えて設定されています。

 

確かに文字の書き始めが左から右に向かって書いていくのは右利きの方のためですよね。

 

正面から見てペン先を垂直にして筆記をするのが、文字を綺麗に書くのに効果的です。

 

また、筆圧は一定に保つ事を「意識」して行うのも重要です。

 

●書道の様な書き方

 

腕や手の側面を筆記面にぺったり付ける書き方は、文字の全体像が確認しにくく指や手の可動域を狭めてペンの動きを悪くさせます。

 

書道の様な腕を持ち上げた体勢にすると、文字のバランスを確認しペンの動ける範囲を広く取れます。

 

あまり上手に書こうとしないこともツボとコツかもしれませんね。

 

sponsored link

 

他もあるこんな右脳トレーニング

 

人には必ず得手不得手があります。

 

「左手で字を書く」という行為が馴染めない人もいるでしょう。

 

そんな人には、こんな右脳トレーニング方法もあります。

 

●右手→左手の順番にボールを握る

 

適度な運動、球技などは目でボールを追う動作も追加され、細かい筋肉も使用するので脳の活性化には役立つと言います。

 

「運動するのは、ちょっと・・・」という人には、右手→左手の順番にボールを握るだけでもそれなりの効果があるのだとか。

 

握力の鍛錬にもなるし、試して見るのも一興ですよね。

 

●複雑な指の運動をする

 

一時流行した「指回し運動」なども脳の活性化には有効とされています。

 

指先と脳は直結している為、指からの刺激が脳を活性化させるからですね。

 

●パズルをやってみる

 

「数独」「クロスワード」「ジグゾーパズル」などパズルに頭を悩ました人は多いでしょう。

 

「悩む」という行為は脳がフルスロットルで活動している証です。

 

でも、難し過ぎるパズルに挑戦してしまうと、脳は休止してしまい逆効果です。

 

最初は必ず簡単なパズルから挑戦しましょう。

 

●七田式の学習方法を取り入れる

 

あなたは『七田式』という学習方法をご存知ですか?

 

右脳の強化に特化した、小学生のお子さんをお持ちの親御様に、ひそかなブームを起こしている学習方法です。

 

都道府県をメロディのフレーズで暗唱したり、就学前の幼児には高速のフラッシュカード で「高速脳」と呼ばれる右脳を活性化し、瞬間記憶力を養ったりという独特な教育プログラムを提供しています。

 

私の知り合いの女性が七田式の教師をしていて、小学6年生の娘が通っていますが、この 都道府県の歌を使った覚え方は効果絶大ですよ!

 

それが証拠に小学生のお子様を持つあなたは、20年30年経った今でも、母校の小学校の校歌を歌うことができるのではないでしょうか?

 

これも、小学生時代にもっとも吸収しやすいメロディによる暗唱効果の賜物なんですね。

 

ただ、小学生だけでなく大人になった今でも、七田式を応用して右脳をトレーニングしつつ、あなたの生涯に一生役立つスキルを身につける方法があります。

 

それが、

 

『七田式英会話』

 

です。

 

驚くことにこのメソッドは、1日わずか20分、決められたフレーズを聞いてつぶやくだけで、平均60日で英語が話せるようになるという教材でなんですよ。

 

とりあえず、七田式英会話の内容を見てみる

 

ですので、この教材は以下に当てはまる方に特におすすめです。

 

七田式の英語教材のメリットリスト
(画像引用;7+Englishの公式サイトより)

 

そして、教材で行う学習方法もこんなに簡単!

 

七田式の英語教材の学習方法
(画像引用;7+Englishの公式サイトより)

 

そして、気になる4つ目の項目、

 

●日常会話のためのフレーズしか覚えられない

 

ということは、

 

TOEIC、TOEFLの成績を上げたい
英語の小説を原文で読めるようになりたい
英語でコラムが書けるようになりたい

 

ことを目的にしている場合は残念ながら効果がなく、七田式英会話はお薦めできません。

 

七田式の英会話はあくまで、

 

「英語が苦手な人でも短期間で英会話が出来るようになる」

 

ことに特化してますので、英会話を身に着ける目的以外の内容は徹底的に排除しています。

 

この一石二鳥の七田式英会話で、右脳トレーニングと英会話を同時に手に入れてみてはいかがですか?

 

七田式英会話の詳細を見てみる

 

左手で字を書くツボとコツの動画

 

すごい!両刀使いです!

 

4つのポイントに分けて解説しています。

 

こちらからどうぞ!

 

まとめ

 

とにかくまずは「簡単な事」から始めてみるのがいいですね。

 

あと何よりも大事なのは「継続」すること。

 

ただ、気が付いたときにトレーニングするだけでも効果があると言います。

 

脳の活性化は「やる気」にも繋がりますからね。

 

問題の解決や目標達成の必要などがある場合にもトレーニングを継続していきましょう。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ