短期間で簡単脚やせ効果?太ももエクササイズ5項目まとめ!

キレイな脚のラインを手に入れるには、太ももの部分痩せが一番重要です。

太ももはセルライトや脂肪がつきやすく特に目立つ部分ですよね。

ということは、逆を言えば太ももを制すれば美脚は手に入れたも同然なわけです。

 

今回は、太ももを細分化して各部分のエクササイズをまとめてみました。

 

 

 

 

sponsored link

太ももだけでこれだけあるエクササイズ

それでは太ももを一つ一つ場所を分けてピンポイントでエクササイズしていきますね。

①股関節エクササイズ

太もも痩せの登竜門である、股関節のエクササイズです。

歩く時など脚を使う場合に股関節が柔軟に対応出来ないと、股関節よりも「ひざ」が多く動く事になります。

となると、太ももは運動しないので脂肪などが停滞して太もも太りの原因になるわけですね。

また、脚の老廃物を循環・排出する為にも股関節は柔軟にしておきましょう。

 

① まず両足を前に伸ばして座ります。
② 上半身は少し後ろへ倒します。
③ そのままの状態で片足を曲げ、ひざを胸の方へ持ち上げ・引き寄せます。
④ 限界まで引き寄せたら、少し戻します(脚は宙に浮かせたまま)

そして③④1セットで20回ずつ繰り返し、反対側の脚も同様にエクササイズしましょう。

 

 

コツとしては、しっかり脚を胸まで引き寄せること。

引き寄せ切れないと効果は半減するので注意が必要ですよ。

同じ内容を動画でも案内しますね。

こちらからどうぞ!

 

②太ももの内側エクササイズ

太ももの内側(内股)をシェイプするエクササイズです。

脚にはこれから紹介するように筋肉がいくつも集中しているので、細かく分けてエクササイズする必要があるわけです。

 

① まず肩の下にひじをついた状態で横になります。
② 下側になった足は伸ばし、上側の脚を曲げて床に着きます。
③ 下側にした太ももの内側で空気を押し上げる事を意識しながら、下側の脚を床から浮かせます。

④ このモーションを10回程度、繰り返します。

⑤ 反対側も同様にエクササイズします

 

 

簡単だけど意外と負荷がかかるのが分かりますよ。

動画ではこちら!

 

 

 

sponsored link

 

 

 

③太ももの裏側エクササイズ

太ももとお尻の間の筋肉に対してエクササイズします。

この部位が引き締まっていないと、お尻と太もものラインが曖昧になり、キレイなヒップラインが得られません。

このエクササイズをしっかり実施すると太ももとお尻のメリハリがハッキリしますからシッカリと行いましょう。

 

① 両脚のひざを立てた状態で仰向けに寝ます。
② ひざを曲げたまま少し足先を伸ばし、かかとを上げて足先を上に向けます。
③ ②の状態をホールドしたままでお尻だけを床から浮かす。
④ ③の状態で「もも裏」に力が入っている様にお尻を持ち上げ、ゆっくりと下ろす。
⑤ ③④を1セットで10回から15回繰り返す。

 

お尻を持ち上げたときに「少しツライ」と感じたら、「かかと」とお尻の距離を詰めてもOKです。

逆に「負荷が軽い」と感じたら距離を開けてもOKですよ。

現在の自分にあった負荷でエクササイズしてください。

動画で確認したい方はこちら!

 

④太ももの横側エクササイズ

次は太ももの横側の筋肉をエクササイズをしていきます。

横側は脚のアウトライン。

それゆえに見た目を大きく左右するので、必ずエクササイズしていきましょう。

 

① 上半身は「太ももの内側エクササイズ」と同様で両足は真っ直ぐ伸ばした体勢にする。

② 上の脚を自分の骨盤と同じ幅に開き、斜め45度後ろに引きます。(後ろへ反らせる)
③ 更に②の位置から脚を上げ、そこから②の位置まで下へ下げます。
④ ③を10回程度繰り返す。
反対側も同様にエクササイズします。

 

コツとしては③の脚を上下動作する時に、横側の筋肉を使用しているのを意識しながら行うことです。

けっこう辛いエクササイズでもありますのでテレビを見たり撮りたまったHDDを見ながらの”ながらエクササイズ”がおすすめですね。

動画ではこちらをどうぞ!

 

↓こんな簡単太もも、脚やせエクササイズグッズもありますよ!↓


 

⑤前もものエクササイズ

最後に前ももです。

こちらは前もも痩せだけでなく「張り」や「股関節の柔軟」にも効果があるエクササイズですよ。

 

① バランスを取る為、背もたれのある椅子または壁に両手を添える。
② バレエの様に片足の先を後ろから持ち上げます。
③ 自分で出来る高さまで足先を後方へ持ち上げる。
④ ②の状態から、ゆっくりと下へ下ろす。
⑤ ③④の動作を10回繰り返す。
反対側も同様にエクササイズする。

動画ではこちらからどうぞ!

 

まとめ

いままでご紹介したエクササイズを一気にすべてこなそうとしなくても大丈夫です。

各部分のエクササイズをバラバラに、少しずつでもいいので実践する事が何よりも大事。

太ももは脂肪・筋肉量も多いので、ここに痩せるクセがつけば体のほかの部位にも影響しますよ。

ご紹介したとおり大体、1エクササイズ=10回くらいですよね。

最初は、これを「1セット」として行い、慣れてきたらセット数を増やすかエクササイズの種類を増やしていくのが効果的です。

とにかくまずは1ヶ月エクササイズすることを目標とし、理想とする美脚ラインを意識しながら実践しましょう。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ